人気ブログランキング |
2011年 12月 02日

ハッカー報告 問題のソフトウェアがiPhoneにも入っていた

携帯ユーザーの情報を記録するCarrier IQソフト、
iPhoneにも搭載されていた


ユーザーの情報を無断で記録して
携帯電話会社に送っていると指摘されたCarrier IQのソフトが、
iPhoneにも搭載されていたことが分かったとハッカーが報告した。

Android搭載のスマートフォンなどにプリインストールされたソフトウェアが
ユーザーの情報を無断で記録して携帯電話会社に送信していると指摘された問題で、
このソフトウェアが米AppleのiPhoneにも搭載されていたことが分かった。

問題のソフトウェアは、米Carrier IQが米SprintやVerizonなどの
携帯電話会社に提供し、Android搭載のスマートフォンやBlackBerryなどの端末に
出荷段階でインストールされていたことが判明。

Androidアプリ開発者のトレバー・エッカート氏は、
同ソフトウェアがユーザーの通話記録やキー入力に関する記録、
携帯電話の位置情報などを収集して携帯電話会社に知らせていると指摘した。

これを受けてiPhoneハッカーとして知られる「chpwn」氏は、
Carrier IQのソフトウェアがiPhoneにも搭載されているのを
発見したと自身のブログで伝えた。iOS 5では無効にされた様子だが、
古いバージョンでは情報が送信されている可能性もあるとしている。

同氏はiOS 3~iOS 5を搭載した端末にCarrier IQのログファイルが
保存されているのを確認したと報告。
電話番号やキャリア情報、通話を行ったことの記録などが
収集されていることは判明したが、
その情報がリモートに送信されているかどうかは確認できなかったという。



詳しくはコチラ⇒(記事元)ITmedia

by iphonee | 2011-12-02 10:00 | iPhone記事


<< iPhone4とiPhone4...      iPhone無料アプリ|冷凍カメラ >>