人気ブログランキング |
2012年 01月 13日

ドコモ、LTEで“参戦”なら…「iPhone5」で競争激化

ドコモ、LTEで“参戦”なら…「iPhone5」で競争激化

・カギ握る新通信規格

携帯電話市場で、今年の最大の関心は米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)
「iPhone(アイフォーン)5」の登場と、NTTドコモによる同機種販売の行方だ。
米国では今秋にも高速データ通信規格「LTE」を搭載したiPhone5が
発売されるとの観測も出ており、LTE展開で先行するドコモをパートナーに選ぶのは自然。
実現すれば、市場シェアに地殻変動を引き起こす可能性もありそうだ。

 「(iPhoneが)LTEに向かうのは事実と思う」

昨年10月、ソフトバンクモバイルに続きiPhone販売に参入したKDDIの田中孝司社長は、
そう認めたうえで、仮にドコモが参入した影響について、
「今もドコモが大きなシェアを持っているし、競争環境は変わらない。脅威ではない」
と冷静を装う。

ただ、調査会社のMM総研は
「ドコモがiPhoneを販売すれば、国内のスマホ市場へのインパクトは大きい。
出荷台数は大幅にプラスになる」と予測。
2012年度の携帯電話出荷台数3910万台のうち2660万台、
68%としているスマホ市場予測の上方修正を見込んでいる。
当然、現在も全体の約5割を占めているドコモの市場シェアがその分増えるわけだ。



詳しくはコチラ⇒(記事元)MSN産経ニュース

by iphonee | 2012-01-13 08:00 | iPhone記事


<< iPhone無料アプリ|Fot...      iPhone無料アプリ|KOK... >>