人気ブログランキング |
2012年 03月 08日

Apple iOS5.1リリース

iOS 5.1リリース
バッテリー関連バグ修正、フォトストリームの画像削除が可能に


AppleがiOS 5.1をリリース。
バッテリー関連バグを修正したほか、フォトストリームの画像削除、
ロック画面でのカメラ起動ボタンの常時表示が可能になっている。

米Appleは3月8日、iOS 5.1をリリースした。
iCloudの「フォトストリーム」から写真を削除できるようになったほか、
ロック画面にカメラ機能を起動するショートカットが常時表示されるようになった。

フォトストリームはiCloud経由で写真を共有する機能だが、
これまでは誤って撮影した写真などを削除できなかった。
またiOS 5からロック画面でカメラ機能を起動できるようになったが、
起動ボタンを表示するにはホームボタンを2度押しする必要があった。

また「バッテリーの寿命に影響するバグを解決した」という。
昨年11月にiOS 5の最初のアップデートをリリースしたが、
バッテリーの問題を完全には解決できなかったことをAppleは明らかにしていた。

iOS 5.1では日本語版のSiri(iPhone 4Sのみ)をサポートするが、
Siriを利用できるようになるには向こう数週間かかる見通し。
また、KDDI契約者向けのFaceTimeとiMessageのサポートを追加した。

「設定」の「一般」-「ソフトウェアアップデート」からアップデート可能だ。
iOS5インストール環境の場合、アップデートファイルのダウンロードサイズは177Mバイト。




詳しくはコチラ⇒(記事元)ITmedia

by iphonee | 2012-03-08 08:30 | iPhone記事


<< iPhone無料アプリ|解除せよ!      Apple 音声認識「Siri... >>