人気ブログランキング |
2012年 03月 29日

バンダイ、iPhoneが顔になるペットロボットを開発

バンダイ、iPhoneが顔になるペットロボットを開発


バンダイは、iPhoneが顔になる犬型のペットロボット「スマートペット」を4月28日に発売する。
価格はオープン価格で、店頭予想価格は6000~6500円。黒と白の2種類が用意される。

今回発売される「スマートペット」は、iPhoneやiPod touchを顔の部分に装着し、
専用アプリを起動することで、さまざまな動きや世話、ゲームが楽しめるというペットロボット。
顔の表情や動きの組み合わせで合計100種類以上のリアクションが用意されている。
タッチパネルを利用した餌やりやゲームのほか、カメラ・マイクの機能を利用し、
手の動きや呼びかけに反応したり、歌いながらダンスをしたりする。
Bluetoothを利用し、ほかの個体と連携して芸をしたり、相性診断をしたりすることも可能。

顔の部分は、犬型の専用iPhoneカバーをiPhoneに装着した上で、
スマートペットに搭載する形になっている。
このため、犬型の専用カバーは装着したままでiPhoneを持ち運べるようになっている。
また、一部の条件を満たしていれば、すでに使っている市販のカバーを装着したまま、
スマートペットの顔として搭載することも可能。

このほか、スマートペットと遊んでいるときに電話がかかってくると、
自動的にハンズフリー通話が行える機能を搭載。
骨型のアタッチメントをiPhoneのDockコネクター(顔のアゴのあたり)に装着すれば、
iPhoneの充電も行える。



続きはコチラ⇒(記事元)ケータイWatch

by iphonee | 2012-03-29 08:00 | iPhone記事


<< ドミノ・ピザ、スマホ経由売り上...      iPhone無料アプリ|あなた... >>