人気ブログランキング |
2012年 04月 27日

ソフトバンク、iPhone危機脱し営業利益1兆円目指す

iPhone危機脱し営業利益1兆円目指す--ソフトバンク、最弱点克服へ

ソフトバンクは4月26日、2012年3月期(2011年4月~2012年3月)連結決算を発表した。

営業収益(売上高)は前年同期比6.6%増の3兆2024億3500万円、
営業利益は同7.3%増の6752億8300万円、
経常利益は同10.2%増の5736億5100万円、
純利益は同65.4%増の3137億5200万円となった。

売上高は2期連続、営業利益は7期連続で過去最高を記録しており、
営業利益率は21.1%でKDDIの13.4%、NTTドコモの20.5%(予想)を超えて
ナンバーワンになったとした。EBITDA(税引き前利益に特別損益や支払利息、
減価償却費を加えたもの)は1兆円を突破し、KDDIを上回ったという。

ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、
「見せかけのものではなく、(電波の問題など)言い訳抜きでサステナブル
─持続可能な収益モデルができたと考えている。ユーザー数が少ないにもかかわらず、
利益率が高いというのは経営として誇れる」と自信を見せる。

2012年度は、連結営業利益を7000億円を確実に上回ることを目標とする。
孫氏は、「増収増益には完全なる自信がある。それに加えて中期的な目標として
連結営業利益で2016年度に1兆円にし、今日現在のドコモの営業利益を確実に上回りたい。
これまで公言して下回ったことがないと自負している。ただの言いっ放しではなく、
何としても実現させるという強い決意」と語った。


詳しくはコチラ⇒(記事元)CNET Japan

by iphonee | 2012-04-27 10:00 | iPhone記事


<< iPhone無料アプリ|脳トレ...      iPhone無料アプリ|Wha... >>