人気ブログランキング |
2012年 06月 07日

iOS 6はiPad向けSiri搭載か

iOS 6はiPad向けSiri搭載か

今秋、人々はiPadに向かって話しかけるようになるかもしれません。
アップルの画期的ソフトウェアであるSiri(音声アシスタント)が、
高度な人工知能システムに支えられて、iPhone 4Sだけでなく、
iPadにも搭載される可能性が出てきています。
米国のアップル情報サイト9To5Macが報じております。

同サイトは信頼できる筋からの情報として、
iOS 6の注目点の一つにiPad向けSiriサポートを挙げています。
すでに第三世代となるiPasにはディクテーション機能が付属していますが、
これだけでなく、Siriの完全サポートも可能となる模様です。

昨年9月にiPhone 4Sに搭載されたSiriですが、
この電話関連のコマンドを除いた機能がiPadに付属することになります。
ミュージックプレイバック、iメッセージ、カレンダー機能、リマインダー、
天気及び地図のインテグレーション、Eメール、ノーツ、連絡先検索、Safari、
Wolfram-Alpha検索など多くがすでに出揃っています。

iPadはiPhoneよりも大きいので、どうしてもユーザーの口から遠い位置にあります。
このため、iPad向けSiriは、音声を正しく聞き取ることができず、
誤った解釈、コマンドの誤解が生じるのではないかとの観測もあります。
しかし、信頼できる筋からの情報は、これをナンセンスと一蹴、
iPhone 4Sと同じまたは同等の精度を誇るとしています。
iPadの音声ディクテーションは、第三世代のiPadユーザーに貢献するところが
大きいとみられています。




続きはコチラ⇒(記事元)TeachMe iPhone

by iphonee | 2012-06-07 09:30 | iPhone記事


<< iPhoneアイコン風デザイン...      そろそろiPhone5? 噂続々 >>