人気ブログランキング |
2012年 09月 24日

iPhone 5向けLTE、その実力は?

iPhone 5向けLTE、その実力は?
エリアはソフトバンク、通信速度ではauが優位に


9月21日にソフトバンクとKDDIから発売されたiPhone 5。その販売競争を左右すると見られるのが両社のLTEネットワークインフラだ。どちらが速く、広く、安定した通信が可能なのか——。ソフトバンクとKDDIの「iPhone 5向けLTEサービス」の実力を探ってみた。

ソフトバンクモバイルとKDDI(au)が、2012年9月21日のiPhone 5の発売に合わせて、LTEの商用サービスをスタートさせた。サービス名はソフトバンクが「SoftBank 4G LTE」、KDDIが「4G LTE」。下り最大通信速度はともに75Mbpsだ。

日本ではNTTドコモが2010年12月、イー・アクセスが2012年3月からLTEの商用サービスを開始しており、2社のサービスはこれに続くもの。ソフトバンクとKDDIともに今回、2.1GHz帯でLTEサービスをスタートさせた。KDDIは、この秋に800MHz帯と1.5GHz帯にもLTEを導入する計画だが、iPhone 5の発売日に合わせて2.1GHz帯にLTEを先行導入した。


【続きはコチラ(記事元)⇒businessnetwork.jp




by iphonee | 2012-09-24 08:00 | iPhone5


<< iPhone5 ふつーに簡単。...      iPhone無料アプリ|座布団つみ >>