カテゴリ:iPhone5( 105 )


2012年 10月 15日

ガラスが割れたiPhone 5の修理代金は?

ガラスが割れたiPhone 5の修理代金は?

ガラスが割れたiPhone 5の修理代金は2万800円(※修理取扱いについて追記)

購入早々、落として表面ガラスを割ってしまったiPhone 5。Apple Storeでの修理交換の料金は、税込み2万800円でした(2012年10月13日現在)。

本記事では、修理料金を払うことの他に知っておいたほうがいいことをいくつか紹介します。同じようにiPhone 5の破損に直面しどうしたものか迷っている人の、せめてもの参考になれればいいのですが。


【続きはコチラ(記事元)⇒lifehacker


[PR]

by iphonee | 2012-10-15 08:00 | iPhone5
2012年 10月 12日

iPhone 5同士でバッテリー消費対決をしてみた

iPhone 5同士でバッテリー消費対決をしてみた

iPhone 5は発売日にau版とソフトバンク版の両方を買った。しかし速報レビューを仕上げたあとは、ほかの仕事が忙しく、しばらくiPhone 5に触れなかった。

せっかく発売日に買った新製品、ただ放置するのはもったいない。そこでau版とソフトバンク版でバッテリーの消費テストを行ってみることにした。というのも、iPhone 5はau版、ソフトバンク版ともに4GことLTE方式に対応しているが、細かいところの実装の違いのおかげで消費電力に差があるらしく、au版は公式に「通常の実装より省電力」と謳っているからだ。それホント? と思った次第である。

【続きはコチラ(記事元)⇒みんなのケータイ


[PR]

by iphonee | 2012-10-12 09:00 | iPhone5
2012年 10月 12日

iPhone 5の生産に遅れ。原因はアルミの品質を工場させたことに

iPhone 5の生産に遅れ。原因はアルミの品質を工場させたことに

ちょっと遅くなるけど、より良いものになるようで。

ネタ元のBloombergによりますと、iPhone 5の生産スピードが落ちているといいます。その理由はボディに使用されているアルミの質。ボディに傷がついていたり、欠けていたりするのが問題となっていたiPhone 5。品質をあげるために工場でのチェックが厳しくなっているそうです。Bloombergのソースによりますと、9月末にアップルのシニアマネージャーに、工場内での品質管理の底上げと徹底のお達しがありました。これにより、iPhoneの品質はあがり、傷は減るものの、かわりに生産数自体も減っているのだそうです。

アルミの製品は傷がつきやすい。それは理解できますが、新品で箱を開けた時にはもう傷がついているというのは、いくらなんでもいただけないですからね。今はまだ、品質を保ったまま、生産スピードも落とさない方法を模索中、なのでしょうね。

【続きはコチラ(記事元)⇒ギズモード


[PR]

by iphonee | 2012-10-12 09:00 | iPhone5
2012年 10月 10日

アップル、iPhone 5で使える「Lightning - 30ピン」変換アダプタの出荷開始

アップル、iPhone 5で使える「Lightning - 30ピン」変換アダプタの出荷開始

iPhone 5などで初めて採用された「Lightning」コネクタだが、これを従来の30ピンドックコネクタに変換できる純正アクセサリ、「Lightning - 30ピンコネクタ」の出荷がいよいよはじまっているようだ。アップルストアのWebサイトでは、出荷予定日が10月中とのみ記されており、具体的なスケジュールが明かされていなかったが、注文済みユーザーのもとに出荷開始のメール連絡が到着しはじめていることが確認された。


【続きはコチラ(記事元)⇒マイナビニュース


[PR]

by iphonee | 2012-10-10 15:30 | iPhone5
2012年 10月 09日

iPhone 5はテザリングを重視、複雑な料金と割引には閉口

iPhone 5はテザリングを重視、複雑な料金と割引には閉口

アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone 5」が発表されて2週間が経った。店頭ではいまだに予約販売中で、入手困難な状況が続いている。同社によると発売から3日間で500万台以上が売れたという。iPhone 4Sは発売から1週間で400万台を売ったので、それを凌ぐ勢いだ。iPhone 5はデザイン、画面サイズ、コネクター、付属のイヤホンなど、従来機種の「iPhone 4S」とは大きく様変わりしている。従来の第3世代(3G)携帯電話より約10倍も高速なLTEをサポートし、iPhoneを経由してパソコンやタブレット端末をインターネットに接続できるテザリングも可能だ(ソフトバンクモバイルは2012年12月15日からテザリングサービスを開始する予定)。

 消費者はiPhone 5をどう見ているのか。ソフトバンクモバイルとKDDI(au)のどちらを選んでいるのか。大手価格比較サイト「価格.com」の各種データをまとめた市場調査支援サービス「トレンドサーチ」から探った。

【続きはコチラ(記事元)⇒日経トレンディネット


[PR]

by iphonee | 2012-10-09 08:00 | iPhone5
2012年 10月 04日

もし、路上にiPhone 5が落ちていたら・・・

もし、路上にiPhone 5が落ちていたら・・・あなたなら、どうしますか??



@オランダ(アムステルダム)




[PR]

by iphonee | 2012-10-04 11:30 | iPhone5
2012年 10月 02日

イー・アクセスとの経営統合でソフトバンク版iPhone 5にもたらされるメリット

イー・アクセスとの経営統合でソフトバンク版iPhone 5にもたらされるメリット
-孫代表会見の要旨


ソフトバンク版iPhone 5ユーザーに朗報だ。ソフトバンク版iPhone 5は1.7GHz帯に対応することで接続エリアが広がり、LTEの通信速度規制の基準についても緩和される。テザリングも当初の解禁日から前倒ししてスタートすることになる。これら一連の施策は、ソフトバンクが10月1日に発表したイー・アクセスとの経営統合についての記者会見で述べられた内容だ。会見の内容をこのiPhone20+ 件 5に絞ってレポートしたい。

■iPhone 5が1.7GHzに対応

iPhone 5をめぐり、激しく争うKDDIとソフトバンク。iPhone 5の目玉となるLTE対応について両者の状況を見てみれば、LTEの利用周波数帯、料金プランなど、大枠で捉えた場合に両社の間で大差はない。しかし、今回のソフトバンクとイー・アクセスとの経営統合に、両者の違いが少し鮮明になるかもしれない。


【続きはコチラ(記事元)⇒マイナビニュース


[PR]

by iphonee | 2012-10-02 08:00 | iPhone5
2012年 09月 30日

「iPhone 5」キャリア対決、発売1週目はソフトバンクが制す

「iPhone 5」キャリア対決、発売1週目はソフトバンクが制す

9月21日、アップルの最新スマートフォン「iPhone 5」が発売された。米アップルが24日に発表したプレスリリースによると、「iPhone 5」の発売から3日間のグローバルの販売台数は、「iPhone 4S」の1.25倍となる500万台を超えたという。

予約数は過去最大で、初回出荷分はすでに売切れ。需要が当初の供給量を上回っているという。日本では、「iPhone 4S」に引き続き、ソフトバンクモバイルとKDDI(au)の2社が販売する。ともに売れ行きは好調で、しばらくは予約しなければ買えない状況が続きそうだ。

量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、発売初日の9月21日の販売台数は、前機種「iPhone 4S」の発売初日の2011年10月14日発売の販売台数を上回った。新モデルが発表されるたびに、発売初日に必ず買う熱烈な「iPhoneファン」は確実に増えている。東京・銀座のアップル直営店「Apple Store Ginza」には、当日販売分を求めて750人以上が朝8時の開店前から行列をつくり、当日はお祭り騒ぎだった。

【続きはコチラ(記事元)⇒読売新聞


[PR]

by iphonee | 2012-09-30 21:00 | iPhone5
2012年 09月 27日

iPhone 5の製造原価が明らかに

iPhone 5の製造原価が明らかに、iPhone 4Sとほぼ同じ水準

iPhone 5は発売開始の直後に分解され、分解手順のムービーもYouTubeで公開されていますが、その製造コストまで明らかにされました。これによると1台あたりの製造原価は16GBモデルが199ドル(約1万5000円)、64GBモデルで230ドル(約1万8000円)だとのこと。


【続きはコチラ(記事元)⇒Gigazine


[PR]

by iphonee | 2012-09-27 09:00 | iPhone5
2012年 09月 25日

「iPhone 5」、発売最初の週末で販売台数が500万台を突破

「iPhone 5」、発売最初の週末で販売台数が500万台を突破

Appleは米国時間9月24日、同社が先週末販売した新しいスマートフォン「iPhone 5」の台数は500万台であったことを発表した。この台数は、2011年に「iPhone 4S」が記録した100万台をこえるものとなっている。

21日には、Appleの主要直営店のいくつかにおいて、iPhone 5を少しでも早く手に入れようとする熱心な消費者が長蛇の列を作るという、同社を取り巻く熱狂を象徴するお馴染みの光景が再び繰り広げられた。しかし、この販売台数は一部のアナリストらの予測には届いていない。特にあるアナリストは、発売最初の週末の販売台数における「最悪の事態を想定」した自身のシナリオとして600万台を予測していた。


【続きはコチラ(記事元)⇒CNET


[PR]

by iphonee | 2012-09-25 08:30 | iPhone5